夢と勉強、どちらも頑張る、全力キッズのヒミツ

プレゼント

冊子「全力キッズ」無料進呈中!!

「全力キッズ」は、夢と勉強、どちらも全力で頑張る小学生・中学生とその保護者様への取材を通して、子育てのさまざまなお悩みへの一助となるよう制作されたフリーペーパーです。第一弾では“出し切る子”の育て方を探ります。

今すぐもらう

モチベーションアップのヒケツ

意思の力を高めるには、自分の弱さを知ること

テニスで世界を目指す全力キッズたちにとって、目標を達成するための「意欲」を高めることは、技術を磨くことと同じくらい大切なことです。
今回は、全力キッズたちが実践しているモチベーションアップのヒミツを聞きました。

松下龍馬くん: 「自分の気持ちに素直に」がポイント

やる気が出ないことは、もちろんあります。そんなときには、無理をしても効率が悪いことに気がついたので、自分の気持ちに素直になって、思いっきり遊んだり、休んだり、気分転換をしています。自分が今どんな状態なのかを考えるようにしています。

龍馬くんは、気持ちの切り替えを上手くできることが、結果的に“いざ”というときのモチベーションアップに役立つと考えています。

横山蒼馬くん: 「新しい課題」に挑戦する

新しい課題を見つけて挑戦することが大事だと思います。ぼくはもともと「のんびり」した性格なのですが、父やコーチに厳しいアドバイスを受けて、自分なりに考えて挑戦するテーマを見つけることで、やる気と充実感を高めています。

現在、挑戦しているテーマは試合でのペースの緩急をコントロールするために、あえて「ゆっくりプレーする」ことだとか。

奥脇愛莉・莉音姉妹: 「勝ちにこだわる」ことで意欲を燃やす

とにかく負けず嫌い。負けて落ち込むのは絶対にイヤだから、ノートに大きく『ゼッタイに勝つ!』って書いて、気持ちを盛り上げます(奥脇愛莉)

私も自分のプレーにトコトンこだわって、とにかく一番を目指しているから、落ち込んでいるヒマなんかない!(奥脇莉音)

「負けて落ち込む自分を想像すること」「上を目指すこと」。負けず嫌いな2人にとっては、勝ちにこだわることがモチベーションアップの最大のヒミツのようです。

國吉千視くん: 「強くなりたい」一心でモチベーションアップ

もともと気持ちがあまり強い方ではなかったです。でも、テニスで『あきらめない』ことを学んで、『強くなりたい』と思うようになったことで、やる気が出るようになってきました。

かつての自分と今の自分。テニスを通して“向上している自分”を実感していることもまた、千視くんの意欲をさらに高めてくれているようです。

根っから「強い意志」を持つ子どもはめったにいません。

今回インタビューをさせていただいた皆さんも、いつでもどこでも「全力」というわけではなさそうでした。
でも、「テニスで強くなりたい!」と思ったときに、自分の弱さに自ら気がつき、その弱さと向き合う力をつけていっているのだと強く感じました。

“後ろ向き”な弱さ発見ではなく、“前向き”な弱さ発見。
全力キッズから、オトナの私も多くのことを学んでいます。

  • 「我が子のやる気を引き出したい」
  • 「毎日忙しい我が子、どうやってサポートしたら良いの?」

そんな保護者の皆さまの疑問にお答えします!

もっと読みたい方へ 冊子全力キッズ プレゼント!

今すぐもらう!

夢×勉強

全力キッズとは

夢を心置きなく追いかけるために、勉強もがんばる子どもたち。
私たちは、そのような子どもたちを「全力キッズ」と呼んでいます。

全力キッズは、特別な「選ばれた子」ではありません。
どの子も、キッカケさえあれば全力キッズになれる。もうなっているかも知れない。

本サイトでは、全力キッズや全力キッズを支える大人たちの姿をご紹介することで多くの皆さまにお役立ていただけるような記事を公開していきます。
なお、「全力キッズのヒミツをもっと知りたい!」という方へは冊子『全力キッズ』もご用意しております。
ご希望の方はお申し込みページよりお申し込みください。

すべて子どもの可能性と成長を応援したい。
それが、私たちの想いです。